ボラカイ島旅行記(2)ホテル選び

Artista Beach Villa
ボラカイで滞在したArtista Beach Villa。ビーチの質と眺めを取るならオススメです♪

ボラカイでのホテル選びについて、kanayなりのアドバイスを。

ボラカイは大きくない島ですが、ホテルは200近くもあります。
大規模なリゾートホテルからドミトリーまで種類も豊富です。どんな旅のスタイルにも
対応するホテルは見つかると思います♪






ボラカイは地図で見るとこんな感じ
ホテルは特に、中心のホワイトビーチ付近に密集しています。
ホワイトビーチはステーション1,2,3のエリアに細分化されて説明されていますが、
ホワイトビーチフロントに面しているホテルであれば、ビーチ内は徒歩で30分強で縦断できるので、
kanayは位置にはそうこだわらなくてよいと思いました。
メインのレストラン&ショッピングエリアであるDモールが、ビーチの真ん中ほどにあるので
そこまで少しでも歩きたくない人は、中心に近いエリア(ステーション2付近)のホテルがオススメです。

ただ、ホワイトビーチエリアは深夜まで営業するレストランやバーも多いので、うるさいかも知れません。

長期滞在するのでなるべく安く上げたい人は、ホワイトビーチから伸びているたくさんの路地を
散歩してみるといいと思います。ホームページも無いような安めのホテルが結構見つかりましたよ~。
kanayも散歩していて「おっ♪」と思うところがありました。
次回来ることがあったらそうするなぁ。

ビーチフロントでなくても、ホワイトビーチに近ければ、歩いて行けますし、
部屋のお値段も少し安くなります。Dモールは水着姿で歩き回ってる人も良く見かけました。
kanayたちも、このエリアに滞在したときには、水着にボトムをはいた格好でビーチまで歩いていったりしました♪

ホワイトビーチ
↑ビーチロード

驚いたのが、他の国(島)と違って、これだけ賑やかな場所であるにもかかわらず、
ビーチには人工物のゴミが全くないし、水もとってもキレイだったことです。
さすがにビーチインでシュノーケルできるほどではないですが・・・

入島するときに、現地の物価でみればかなりの額の環境保護費を取られるので、
それが有効に使われているのかもしれませんね。
でも、これ以上開発が進むと、少しずつ、(他のリゾートと同じように)バランスが崩れていく予感もします…。

ホワイトビーチ

↓kanayは旅の前半は敢えて北部のディニウィド・ビーチエリアに滞在しましたが、
それはkanayがいつも静けさと、人の少なさを特に重視しているからです。
Diniwid

ホワイトビーチから離れると、一般的にホテルの価格は落ちていきますが、
逆に超高級リゾートホテルも落ち着いた環境を売りにして建っていたりします。
それに幾つかの評判のいいレストランもひょっこりあったりします。

また、セブにもボラカイにも溢れる中国、韓国からの観光客の割合も減ってきます。
これも気にする人は参考にしてください。
とは言え、kanayの印象では、他国のリゾートみたくウルサイ人はあまりいなかったような…
ハネムーナーが多かったのかな?

島の北端・南端からホワイトビーチエリアまで歩くことはできない距離です。
トライシクルという乗り物で、それぞれ片道100ペソで行くことになります。

アシャプレミア
↑シュノーケルに行く途中で見かけたASYA Premier Suites。ちょっと検討したこともあったので、パチリ。
まだ新しいリゾートで、完全なプライベートビーチ。設備も最高。専用の送迎もつきます。1泊30000円以上するみたいで、kanayたちは予算が見合わずやめました;;ハネムーンにいいですねぇ。

↓ホワイトビーチと島の反対側にあるブラボグ・ビーチもキレイですが、
波と風が荒くて海水浴には向きません。
kanayたちは旅の後半にここへ滞在して、向かいのホワイトビーチまで歩いて通いました♪
徒歩10分くらいです。
ホテルの数もそう多くないので、静かさは確保できます。
ブラボグビーチ

kanayたちが実際に泊まったホテルのレビューは別の記事で書きますね。


にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ
にほんブログ村