セブのホテル マリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾート

マリバゴブルーウォーター
kanayたちがセブ島で滞在したマリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾートホテルです。空港から車で20分ほど。
ツアーでよく指定されてるホテルの一つみたい。
そういうkanayもツアー指定で利用したクチなので、強くオススメできる理由はないのですが、
やはりツアー御用達だけあって、個人旅行で予約したとしても、設備に比べてコストパフォーマンスは良いと思います。また、

日本人に人気のレストラン「マリバゴ・グリル」や現地の雑貨屋(コンビニ兼)が、徒歩圏にあります。
このホテルのあるリゾート地区からセブ市内までは車で30分ほどかかりますが、このホテルは一日おきに2回、
市内までのシャトルサービスを一人当たり100ペソでやってくれてます。要予約。

デラックスルーム
↑kanayたちが泊まったデラックスルーム。
バスルームはバスタブつき。広さは大人二人でまあまあ。セーフティボックス、ミニバー有り。
ミネラルウォーターも二本置いてありました。
部屋の外にはお茶できる位のプライベートバルコニーがついてます。
マリバゴブルーウォーター室内

アメニティは、中途半端な揃い方だったので、日本から持っていきましょう。
どうしてか、ダブルベッドのある部屋なのに、歯ブラシが1個しかありませんでしたwなぜ??

ジムやスパも併設されてるレベルの大型リゾートなので、基本的に誰を連れて行っても安心だとは言えます。
しかしながら…リゾートホテルに泊まり慣れてる人が見れば、アラはそれなりに目につくでしょう;;
そういう人は、寝に帰るだけならそこそこ快適に過ごせると思います。

マリバゴブルーウォーターアムマスパ
↑スパ棟付近。

部屋でのネット接続は250ペソ/時間かかります。これは現地ではかなり高いです。
リゾート内レストランでは無料のようなので、ネットをする際はそこにパソコンを持っていくのがいいかも。
(kanayたちはMiFiを使ってたのでタダ)

それから、部屋で出る水はしょっぱいです;;ちゃんと海水をろ過してないのでしょう。
セブで他のホテルにも泊まりましたが、そこはちゃんと”水”が出ました。
セブでは飲料水はミネラルウォーターになるので、洗髪と歯磨きだけ耐えればいいのですが、
口に入るたびにしょっぱいのは・・・長期の滞在は辛いかも;;

朝食ビュッフェがついてない場合、追加で頼むと750ペソ/人です。
ルームサービスで朝食を頼むと、400ペソ台から数種類選べます。
kanayは一人分頼んでみましたが、女性二人であれば一人分で十分な量が来ました。
写真を参考にしてみてください♪(バルコニーにて)
HIS CEBIANO breakfast

上記のシャトルサービスの他に、ホテルスタッフによるタクシーサービスを随時やってますが、
片道660ペソという高さ・・・
外から流しのタクシーを呼んでもらえば、ちゃんとメーター使ってもらえば昼間で200ペソほどです。
自分でドライバーにメーター使うように要求することや、値段の交渉、それから乗車時にされる、ツアーのしつこい勧誘をいっさい体験しなくて済むところにメリットを感じれば、利用するのもアリですね。

マリバゴブルーウォーター

お客は、日本人も韓国人も多く見かけました。
kanayが宿泊した1月末はお客さんが少なかったので全体的に静かでしたが、繁忙期はかなり賑やかになっても不思議ではないですね。

うーん・・・それからこれは・・・
kanay的には笑っちゃったのですが・・・
このホテルは小島を所有していて、ゲストはそこを利用できます、ってのが売り文句のようです。
が。
マリバゴブルーウォーター

・・・こんな感じだったんですけど・・・
し、島???なんだかすぐ泳いで渡れそうな・・・
とっても人工のかほり・・・

見取り図
↑このホテルの見取り図。右端が小島でしょうが…この島との距離感は…見た目とずいぶん違いましたよw





にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ
にほんブログ村